切り紙の世界

懸賞 2008年 08月 31日 懸賞

幼い頃。
折り紙がスキでした。
花や花火、雪の結晶のような美しい形。
折り重ねた紙にハサミを入れていくだけで、どうしてこんなにもきれいな模様が
生まれるのかだろうと、不思議で仕方なかった。

切り紙。

何となく切ってみたら、花のようだったり、雪の結晶に見えたり、
日常に既にあるものが現れたりするところが面白い。
開いてみるまでどんな形になるか分からない!というワクワク感が本当に楽しいですね。

切り紙アーティスト矢口加奈子さんの作品。

f0130913_557221.jpg


f0130913_5572525.jpg

【矢口加奈子さんのお話】
制作においては、修正が利かないので、ハサミを入れるのも一回限り。
その潔さはとても魅力的ですし、切り出された柄に同じものがないところにも惹かれます。

f0130913_5575436.jpg

そうなんですよね。
一つとして同じ作品はありません。
とても神秘的です。




本日の一文字【終】
[PR]

by roundish | 2008-08-31 06:00 | キニナル

<< a-nation08’と24時...   浮箸 >>